移植への理解を求める会 会報第13号の(2)


移植への理解を求める会 会報第13号の(2)


メッセージ・祝電                                       
▽衆議院議員 山本 公一様
第3回総会・NPO法人設立総会並びに記念講演会ご開催を心よりお慶び申し上げます。
関係各位のご尽力に敬意を表しますと共に、貴会の更なるご発展と、本日ご参会の皆様のご健勝、ご多幸をお祈りいたします。
 平成20年12月7日
      衆議院議員 山本 公一
…………………………………………………………………………………………………………                  
▽香川県議会議員 都村 尚志様
「移植への理解を求める会」の皆様、こんにちは。香川県議会議員の都村です。はじめまして。
本日は、NPO法人設立とのこと、誠におめでとうございます。ご案内をいただきましたが、地元で所用があり、出席できませんので、メッセージを送らせていただきます。
 私がこの修復腎移植の問題に興味を持ったのは、本年7月に香川労災病院の西先生から資料をいただいたことが発端です。それまでは、新聞報道を読むくらいだったので、当事者意識もなく、正直言って、別の地域の問題ぐらいにしか認識していませんでした。
 しかし、いただいた資料や本を読み、この問題について知れば知るほど、学会や厚労省の対応の理不尽さ、患者の皆さんの状況の深刻さを強く感じました。
現在の日本の透析患者数の推移や死体腎移植の現状を考えれば、修復腎移植について、タブー視せず、前向きに捉えるべきだと思います。何よりも、医療というのは、患者と向き合い、できる限りの手を尽くして患者を救うことが、使命だと思います。

皆さん、正論は通ります。どうせ通るのであれば、一日も早く通そうではありませんか。私は地方議員ですから、厚労省に対する直接の権限はありませんが、できる限りの応援を今後ともしていくつもりです。
最後に、今年の冬は寒くなると言われています。メンバーの皆さん、お体をご自愛ください。「移植への理解を求める会」の今後の活動の活発化を心からお祈りして、メッセージといたします。
                        香川県議会議員
                         都村 尚志 
………………………………………………………………………………………………………… 
▽愛媛県議会議員 横田 弘之様
 修復腎移植を求める大会のご盛会をお祝い申し上げます。
透析の苦しみに耐えながらご自分の生命を見つめておられる患者皆様のことを本当に考えるのならあらゆる可能性に全力をかける事は当然であります。
万波先生をはじめ修復腎移植に神の手を持つ先生方のご努力に感謝しつつ、その医療行為不当の謗りを受けないよう、命をかけた闘いがなされますよう、念願いたします。
NPO法人化が一日も早くなされることを併せて願っております。

                         愛媛県議会議長
                          横田 弘之

決議文                                   
私たちは、ドナーに恵まれない移植待機患者を一人でも多く救おうと、宇和島徳洲会病院の万波誠先生らが進めてこられた修復腎移植の推進と、先生方の医療活動の継続保証を訴え、これまで、署名運動や講演会開催など、さまざまな活動を続けてきました。
一方、万波先生らが進めてこられた修復腎移植は「ドナー不足を解消する画期的な医療である」として、海外の移植関係者から賞賛されています。またオーストラリアの病院では既に修復腎移植が日常的医療として実施され、大きな成果を上げています。
それにもかかわらず、日本の学会は修復腎移植の妥当性を全面的に否定し、これを受けて厚生労働省も、その可能性を検討することさえせず、原則禁止の方針を打ち出しました。この決定は、多くの患者の移植の機会を奪い、見殺しにするものであり、理不尽で、到底納得できません。
移植への理解を求める会は、学会と厚労省の誤った考えを正し、患者にとって大きな希望の灯である修復腎移植を一日も早く実施するよう、重ねて要請するとともに、その実現の日まで、強力な推進活動を続けていくことを誓います。
 2008年12月7日
                     移植への理解を求める会
                       代表 向田 陽二


お知らせ                                   
求める会ホームページがリニューアル
 移植への理解を求める会のホームページが、昨年11月からリニューアルしました。より見やすく、ビジュアルになりました。アドレスは(http://www.shufukujin.com/)です。ぜひこまめにのぞいていただきたいと思います。
 なお、旧ホームページ(http://www.kenkoude.com/ishoku/)もリンクしています。これまでの情報は、こちらをご覧ください。
ズバリ「移植への理解を求める会」で検索すると、新旧両方のホームページを見ることができます。旧ホームページは武田元介幹事が、新ホームページは井手広幸幹事が担当しています。

 事務局から                                   
 関係書籍在庫あり 事務局には、下記の出版物の在庫があります。希望される方はお申し出ください。実費でお送りします(送料無料)。
 ▼近藤俊文著「カルテの余白」(岩波書店、2,415円)

▼村口敏也著「否定された腎移植」(創風社出版、1,890円)

▼難波紘二著「覚悟としての死生学」(文藝春秋・735円)

▼青山淳平著「いのちと向き合う男たち~腎移植最前線」(光人社・1,680円)

▼えひめ移植者の会編「命の贈りもの」(創風社出版・1,000円)

▼えひめ移植者の会編「命の贈りものPart2」(創風社出版・500円)

会費納入について 移植への理解を求める会は今春をめどにNPO法人化を目指しています。そこで、会費はあらためて開くNPO設立総会後、お願いしたいと思います。なお、カンパと会員勧誘は歓迎です。
 
会報第13号  
2009年
1月29日(木) 発 行発行者 移植への理解を求める会 代 表 向田 陽二
     〒798-4101愛南町御荘菊川2290 電話0895-74-0512
編集者             幹 事 野村 正良
〒791-8006松山市安城寺町1746-8 電話089-978-5434 
発行所             事務局 河野 和博
〒790-0925松山市鷹子町928-2   電話089-970-3943
[PR]
by shufukujin-kaihou | 2009-02-01 16:35 | 会報第13号
<< 21.2.10緊急報告 修復腎... 移植への理解を求める会 会報第... >>