22.4.27 緊急報告 修復腎移植・4例目実施


緊急報告

修復腎移植の臨床研究
宇和島徳洲会病院で4例目実施


修復腎移植を一般医療として定着させるため、医療法人徳洲会(本部・東京)が、昨年暮れ、臨床研究を宇和島徳洲会病院でスタートさせましたが、4月27日、早くも4例目の臨床研究が、同病院で実施され、同日午後同病院で開かれた記者会見で、徳洲会本部が発表しました。

それによると、ドナーは同病院の患者さんで70代の男性、レシピエントは60代の愛媛県の女性です。前回と同様、光畑直喜先生(呉共済病院泌尿器科部長)らのチームが、ドナーの腎臓摘出手術とがん細胞切除を実施。その腎臓を、万波誠先生(宇和島徳洲会病院泌尿器科部長・副院長)らのチームが修復し、レシピエントに移植しました。手術の経過は順調ということです。
徳洲会は、今秋までに他人間の移植と親族間の移植を5例ずつ実施し、高度先進医療として保険適用を申請する考えを明らかにしています。

私たちは、臨床研究の着実な積み重ねによって、修復腎移植の保健適用の道が開け、早期に日常的医療として定着し、移植のチャンスに恵まれない多くの患者さんが救われるものと、大きな期待を寄せています。

私たちは今後とも、修復腎移植の推進活動に積極的に取り組むとともに、修復腎移植への理解を広く訴えていきたいと思います。皆さまの一層のご支援とご協力をお願いいたします。

2010年4月27日
            NPO法人移植への理解を求める会
              理事長 向田 陽二



徳洲会グループにおける修復腎(病腎)に関する臨床研究
第三者間修復腎移植 第3例目の実施について

医療法人徳洲会 東京西徳洲会病院 
修復腎移植臨床研究責任者 小川由英


e0163729_6565863.jpg



 修復腎移植(病腎移植)第三者間の臨床研究が昨年7月15日に開催された第35回徳洲会グループ共同倫理委員会において審議され、条件付きで承認された。その後、米国のClinicalTrials.Gov(国立国会図書館内)への登録、我が国の大学医療情報ネットワーク(UMIN)、日本医師会の治験促進センターに登録後、昨年10月から本研究のレシピエント登録を開始し、現在までに43名が修復腎移植を希望して登録していた。昨年12月30日に第一例(第三者間)、今年3月3日に第2例目(親族間)、4月6日に第3例目の修復腎移植(第三者間)を実施している。この度、第4例目の修復腎移植(第三者間)を実施したので、経過を報告する。

ドナーの情報
 本研究参加の宇和島徳洲会病院にて、血尿を主訴として受診された70代の患者にCT撮影を実施したところ、小径腎腫瘍(2.0×2.0×2.0)と診断された。病状と部分切除などの治療方法の選択肢を説明した結果、腎摘出術が選択された。その後、本臨床研究の参加について同意説明を行った結果、患者様より同意が得られた。直ちに、東京西徳洲会病院内にある移植事務室へのドナー仮登録を行った。宇和島徳洲会病院の倫理委員会において、腎摘出術及び腎摘出に至る手順について確認.検討がなされ、承認された。その結果を受け、移植事務室への本登録を実施した。本登録完了を待って、移植病院である宇和島徳洲会病院にてリンパ球クロスマッチ検査を実施した。

レシピエントに関して
 移植事務室ではドナーの仮登録後、ABO血液型の一致したレシピエント5名の中から候補順位案を作成した。その案を基に、移植病院で、ドナーより採取した血液を用いてレシピエント候補5名とのリンパ球クロスマッチを実施、その結果を移植事務室に報告した。

 レシピエント候補5名の順位について、NPO法人「移植への理解を求める会」内にあるレシピエント選定確認委員会により順位確認作業を行った。

 東京西徳洲会病院において修復腎検討委員会を開催してもドナー及びレシピエントに関する手続き及び患者情報を基にドナーの腎摘出に関する適格性、レシピエントの移植に関する適格性を検討した。

 NPO法人の確認委員会により確認されたレシピエント候補5名の順位および、リンパ球クロスマッチの結果を踏まえ、移植候補の順位について再検討を行って、順位の変更がなされ、承認された。

 その結果を受け、宇和島徳洲会病院倫理委員会にて、ドナー適格性にて適切な審議がなされていることの確認とレシピエント選定の手順が問題ないことが確認され、承認を受けた。この中から第1位となった60代のレシピエントが決定された。 

 宇和島徳洲会病院において本日午前11時より腎摘出術が開始され、腎臓を摘出後、腫瘍を切除。
修復された腎臓が、移植可能であることを確認した上で、全身麻酔下に午後2時よりレシピエントに移植術が実施された。 

以上
[PR]
by shufukujin-kaihou | 2010-04-27 21:36 | 22.4.27緊急報告
<< NPO法人会報第3号(19号) 22.1.30 会報号外 >>