21.5.5緊急報告 長谷川博さん急逝



緊急報告 長谷川さんが急死 原告3人目


 皆さまに悲しいお知らせをしなければなりません。修復腎移植訴訟の原告の一人で、糖尿病から慢性腎不全となり、透析生活を送っていた香川県丸亀市の長谷川博さん(49)が、昨日5月4日(月)、同市内の病院で急逝されました。ご家族の話によると、前日の朝、大量の下血があり、同病院で手当てを受けていました。亡くなられたのは下血による出血多量が原因とのことです。

 元教員の長谷川さんは、社会復帰の意欲が強く、修復腎移植を受けて透析生活から離脱し、社会のお役に立ちたいと望んでおられました。4月21日に開かれた松山地裁での第1回口頭弁論にも出席し、患者としての思いを切々と訴えられたばかりでした。
原告のメンバーでは提訴を前に、昨年11月に亡くなられた広島県呉市の下西由美さん(48歳)、同12月に亡くなられた兵庫県加古川市の有末佳弘さん(50歳)に続いて3人目の「犠牲者」です。

 修復腎移植が禁止されなければ、3人とも助かっていたかもしれません。そう思うと無念でなりません。今は、これ以上犠牲者を出してはならないという思いが募るばかりです。
それにつけても、患者の救済を放棄して、かたくなに修復腎移植を否定する日本移植学会の幹部の方々の姿勢には、激しい憤りを感じます。この訴訟を通じ、私たちはあらためて、1日も早い修復腎移植の再開を強く訴えていきたいと思います。皆さまのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

2009年5月5日 
                    移植への理解を求める会 
                      代表 向田 陽二
                     修復腎移植訴訟原告団
                      団長 野村 正良
[PR]
by shufukujin-kaihou | 2009-05-05 08:04 | 21.5.5緊急報告長谷川さん急逝
<< 21.6.22 会報第15号 移植への理解を求める会 会報... >>